FX28号で専業トレーダーの小池さん

「システムトレードによってFXをする時には、」のページです。

ページの先頭へ戻る

システムトレードによってFXをする時には、システムトレードによってFXをする時には、

システムトレードによってFXをする時には、事前に、許容できる負けの限度と投資する金額を定めておくことが大切です。自動売買取引のためのツールの中には、動作させておくだけで自動的に、取引してくれる商品もあるので、そういう道具を使えば、取引に必要な時間を短縮できますし、精神的な負担を減らせるかもしれません。
現在は、システムトレードを利用して、FX投資する人が無視できない数になっているようです。FX投資においては、買った外貨が急に、大幅に下落すると平常心を失ってしまい、上手に損切りを行えないことがあります。なるべく少ない損失で乗り切りたいという思慮が損切りする機会を逸するように働くのです。

FX投資を開始する際には、外国為替証拠金取引口座をどこに作るかで、迷ってしまうこともあるかもしれません。
FX会社選びは、儲けを左右するほど、大切です。はじめに、取引手数料が、安価であれば安価なほど儲けが増えます。
スプレッドが狭い、取引通貨が多い、約定力が高い、取引単位が小さい、操作性が良いなどもFX会社を選定する際のポイントとなります。
FXの口座を開設する時に、手数料は必要となるのでしょうか?結論からいうと払う必要はありません。

FX口座の開設だけなら全くお金はかからないので、容易に、申し込みが可能です。また、口座を維持するための費用も基本的にいりません。



口座の開設や維持などに、費用が発生しないこともあり、少なくない数の人が、複数のFX業者を利用するのでしょう。

FX投資による利益は課税の対象ですから確定申告が必要ですが、1年を通じて利益を出せなかった場合にはしなくても問題ありません。



でも、FXによる投資を続けるなら、利益が出なかったとしても確定申告をするのがおすすめです。確定申告をしておくと、損失の繰越控除が使えますから、最も長くて3年間、損益を通算できます。
FXで利益を得るためには、暴落するかもというリスクをしっかりと考えることが大切です。暴落は、考えられないような状況でも、念の為にそのリスクを推測したトレードをしてください。


FXにおいては必ず損をしないということはないので、どんなに可能性の低いことでも考えるようにします。
たとえば、ドルの場合ですと、利益を出しにくいのですが、その代わり、リスクも小さなものとなっています。


投資としてFXを始める場合に忘れてはならないのがFXチャートの流れを知ることです。

FXチャートの役割は、為替相場の動きをグラフとして表したものです。数値ばかりではよく分かりませんが、グラフ化によって理解しやすくなります。

効果的にFXチャートを使用しないと利益を求めにくくなるので、きちんと見方を覚えておいてください。容易にFXの口座は開設することができますが、トレードで収入が得られるかどうかは異なった話のことなので、前もって学習しておいた方がベターです。

さらに、FX会社によって少し口座開設についての条件内容が異なります。



その条件に該当しなければ口座を開設することは無理なのでご注意ください。FX投資で生まれた利潤には税金を払わなければならないのでしょうか?FX投資で得た利益は税制上、「雑所得」にあたります。
年間の雑所得の合計が20万円より下回っていれば、税金は発生しません。けれど、雑所得の合計が、20万円を上回った場合には、確定申告をする義務が発生します。

税金を払わずにいると脱税として罰せられますので、ご注意ください。
口座を開くだけならFXに明るくなくてもできます。申し込み画面の案内に従い操作すればいいだけなので、パソコンや投資に慣れていなくても問題ありません。しかし、簡単さ故に、危険も高いです。


誰でもFX口座を開設できてしまうので、知識ゼロの状態でトレードの世界に踏み込んでしまう人もいます。FX投資に取り掛かる前に、所有する通貨数を設定しておくというのも大事です。所有通貨量をあらかじめ決めておき、もっと上のポジションは所有しないようにしてください。このようにしておくことで、勝ったとしても利益は下がりますが、損失も生み出しにくくなります。FX投資で収支がマイナスになり、負けが続くと、そんな負けを取り戻そうと躍起になるためにますますお金を減らしてしまう方も大勢いるものです。
そうすると、結局、大きな損失に繋がってしまう可能性もあるので、FX口座に必要以上のお金を入れないように気をつけましょう。

それは、口座に余分な預貯金のお金まで入れておくと、まだ十分な余裕があるなと思ってしまって使い込む可能性がありえるからなのです。FXの口座を初めて開く場合、少し面倒に感じることもあります。必要事項を入力するだけだったらすぐ済ましてしまえるのですが、身分を証明するものを送付しなければなりません。

でも、近頃ではオンラインを利用しての送付が可能になり、運転免許証を携帯で撮影して、その写真を送信するだけでいいFX業者も中にはあるのです。FX初心者は知識も経験も多くないので、予測が外れることが多いです。FXを始めたばかりの人が勝つためには、いつ損切りするかを決めることが重要です。

また、1回の取引だけに注目せず、全体でプラスマイナスを捉えるようにしましょう。9度の取引でプラスが出ても1回大きく負けることで負けることもあります。

FXの口座開設に、何か不利になる点は無いといえるのでしょうか?口座を開設したところで開設費がかかるわけではありませんし、維持費の心配もないので、デメリットはないと言えます。
ですから、FXに関心がある人は取引を開始するかどうかは別にして、口座だけ試しに開設するのも悪くないかもしれません。
Copyright (c) 2014 FX28号で専業トレーダーの小池さん All rights reserved.