FX28号で専業トレーダーの小池さん

「FX投資によって得た利益は課税対象ですから確定申告」のページです。

ページの先頭へ戻る

FX投資によって得た利益は課税対象ですから確定申告FX投資によって得た利益は課税対象ですから確定申告

FX投資によって得た利益は課税対象ですから確定申告をしなければなりませんが、年間を通して、利益を出せなかったケースではしなくても問題ありません。
しかし、FX投資を続けようと考えているなら、利益が出なかったとしても確定申告をする方がいいでしょう。確定申告をすれば、損失の繰越控除が使えるので、最長で3年間、損益通算が可能です。FX投資をやってみる前に、所有する通貨数を決めておくというのも肝心です。所有する通貨の量をあらかじめ決めておき、それ以上のポジションは有することのないようにしてください。
こうしておくことで、勝つことができても利益は低下しますが、損失も出にくくなります。外国為替証拠金取引に資産を投じ始める際には、FX口座をどこへ頼むかで、迷うこともなきにしもあらずです。FX会社を選定するのは、利益を左右するほど重要ポイントです。



まず、取引に生じる料金が、金額が低ければ低いほど 儲けが大きくなると言えます。

スプレッドが狭い、取引できる通貨が多い、約定力が高い、取引できる単価が小さい、操作性が優れている等もFX会社選びの重点ポイントとなります。FX投資で出した利益には税金を納める必要があるのでしょうか?FX投資によって生じた利益は税制上、「雑所得」と呼ばれます。

年間の雑所得の合計が20万円より下回っていれば、税金を納める必要はありません。

けれど、雑所得の合計が、20万円をオーバーする場合には、確定申告が必要です。

税金を払わないと、税金逃れとして罰せられますので、どうぞ覚えておいてください。FXの口座を開設することに何かデメリットは挙げられるのでしょうか?口座を開設したところで初期費用がかかることはありませんし、口座維持にお金はかからないので、デメリットは無いと考えます。
ですから、FXに関心がある人は取引云々はひとまずおいて、口座だけ試しに開設するのも悪くないかもしれません。現在は、システムトレードを利用して、FX投資する人がたくさんいるようです。FX投資では、買った外貨が前触れなしに大幅に安くなると平常心を失ってしまい、上手く損切りを行えないことがあります。

少しでも損失を小さくしたいという思いが損切りする機会を逸するように働くのです。
FXの口座を最初に開設する場合、少々、面倒に思うこともあります。
必要な情報を入力するだけでしたらすぐ終えることができますが、身分証明書を送らなければなりません。でも、近頃ではオンラインを使って送ることができるようになり、運転免許証の写真を携帯で撮って、その画像を送信すればいいFXの業者もあります。

FX投資で負けが続きだすと、そのマイナスを取り戻すためにどんどんお金を使ってしまうという人も多くおられるものです。そうして、大損失を生む可能性さえあるので、FX口座に必要以上のお金を入金しないよう心がけておきましょう。


これは、預貯金のお金も口座にまとめてしまうと、まだまだゆとりがあると思ってつぎ込む可能性もあるからなのです。FXで成果を得るためには、暴落するというリスクをちゃんと考えなくてはいけません。

暴落は、考えられないような状況でも、とりあえずはそのリスクを推測したトレードをしてください。FXにおいてはどう状況が変わるか分からないので、どんなに可能性の低いことでも考えるようにします。

たとえば、ドルの場合は大きい利益を望みにくいですが、その代わりとして、リスクも大きくはなりにくいのです。
外国為替証拠金取引の口座を開く場合に、手数料を払う必要があるのでしょうか?結論からいうと払う必要はありません。



FX口座を開設するだけなら全然お金はかからないので、手軽に、申し込みが可能です。
また、口座の維持費も普通は必要ありません。

口座の開設や維持などに、費用が発生しないこともあり、多くの人が複数のFX業者を利用するのでしょう。FX投資を選んだ際に忘れずにいて頂きたいのがFXチャートを上手く利用することです。FXチャートの主な役割は、日々移り変わる為替相場をわかりやすくグラフ化したものです。数値ばかりではよく分かりませんが、グラフ化によって理解しやすくなります。
FXチャートを上手く使わないと利益を求めにくくなるので、読み方を忘れないでください。容易にFXの口座は開設することができますが、トレードで得するかどうかは異なった話のことなので、事前に予習しておいた方がベターです。
そのうえ、FX会社によって少し口座開設についての条件が変わるでしょう。
その条件を満たすことができなければ口座を開設することは無理なのでご注意ください。



口座を設けるだけならFXに詳しくない人でもできます。申し込み画面の案内に従い操作するのみなので、パソコンや投資に慣れていなくても問題ありません。しかし、簡単さ故に、危険も伴います。
誰でもFX口座を開設できてしまうので、全く知識なしに取引を始めてしまう人もいます。


システムトレードを利用してFXをする場合には、事前に、許すことのできる損失額の上限と投資用の金額を定めておくことが大切です。

自動売買取引のためのツールの中には、動作させておくだけで自動的に売買してくれる商品もあるので、そういう道具を使えば、取引のための時間を短縮できますし、精神的な緊張を和らげることができるかもしれません。FX初心者は知識も経験も少ないので、取引で損することが多いです。
FX初心者の損失を出さないためには、いつ損切りするかというポイントを設定することが大切です。

また、1回の取引だけに囚われず、全体で損益を捉えるようにしましょう。
9度の取引で勝っても1度の大きな損失でトータルで負けを被ることもあります。
Copyright (c) 2014 FX28号で専業トレーダーの小池さん All rights reserved.