FX28号で専業トレーダーの小池さん

「システムトレードによってFXをする時に」のページです。

ページの先頭へ戻る

システムトレードによってFXをする時にシステムトレードによってFXをする時に

システムトレードによってFXをする時には、事前に許すことのできる損失額の限度と投資できる金額を決めておくことが、ポイントです。自動売買取引のためのツールを使うと、起動の操作のみで自動で、取引してくれるツールもあるので、そのようなツールを使えば、投資にかかる時間を短くできますし、精神的な緊張を和らげることができるかもしれません。

FXのための口座を開設する際に、手数料は必要となるのでしょうか?結論からいうと発生することはありません。



FX口座の開設だけであれば全然お金はかからないので、気軽に申し込みが可能です。また、口座の維持費も基本的に必要ありません。口座の開設や維持などに、費用がいらないこともあり、いくつものFX業者を利用する人が多いのでしょう。FX投資をやり始める前に、所有する通貨数を設定しておくというのも肝心です。



所有通貨量をあらかじめ決めておき、それ以上のポジションは持つことのないようにしてください。

こんなふうにすることで、勝った場合でも利益は減りますが、損失も減ります。


外国為替証拠金取引にあたり、投資を始める際には、外国為替証拠金取引口座をどこに作るかで、迷ってしまうこともあるかもしれません。外国為替証拠金取引会社を選定するのは、利益を大きな影響を与えるくらい必要です。


一番に、取引にかかる料金が、金額が低ければ低いほど 儲けが増えます。
スプレッドが狭い、取引することができる通貨が多い、約定力が高い、取引することができる単位が小さい、操作力が優れている等もFX会社を選定する際のポイントとなります。FXで成果を得るためには、暴落のリスクをちゃんと考えのうちに入れておくことが重要です。
暴落しそうにないような状況でも、とりあえずはそのリスクを推測したトレードをしてください。



FXにおいてはどう状況が変わるか分からないので、万が一のことも予測しておくようにします。


たとえば、ドルの場合は利益が出にくいわけですが、その代わりリスクも抑えられます。
FX投資により得られた利益は課税の対象ですから確定申告が必要ですが、年間を通して利益を出せなかったときはしなくてもよいです。

でも、FX投資を続ける気なら、利益がなかった場合でも確定申告をした方がいいです。



確定申告をしておくと、損失の繰越控除が使えますから、3年間、損益を通算できることがあります。FX用の口座開設は簡単にできますが、トレードで得するかどうかは別個の話なので、前もって予習しておいた方がいいです。



そのうえ、FX会社によって少々口座開設についての条件が変わるでしょう。その条件に該当しなければ口座を開設することは無理なので注意するようにしてください。

FX投資で出した利益には税金がかかると思いますか?FX投資で獲得した利益は税制上、「雑所得」に分類されます。一年間の雑所得の合計が、20万円を割っていれば、税金を支払う必要はありません。



しかし、雑所得の合計が20万円以上である場合には、確定申告をする義務が発生します。



税金を支払わずにいると所得隠しになってしまいますので、ご注意ください。



口座を作るだけならFXの知識が無くてもできます。

申し込み画面の案内に従い操作するという簡単なことなので、パソコンや投資に慣れていなくても問題ありません。しかし、簡単にできる分、高いリスクを伴います。誰でもFX口座を開けてしまうので、全く予備知識なしに取引を始めてしまう人もいます。FXの口座を開設して、デメリットになることは考えられるのでしょうか?口座を開設しても費用が掛かるわけではありませんし、維持費も必要ないので、損はないと思います。ですから、FXに興味を持っている人は取引を始めるかどうかは置いておいて、口座だけ開いてみるのもいいきっかけになるかもしれません。FX初心者は知識も経験も少ないので、失敗することが多いです。
FX初心者が勝つためには、損切りのポイントを設定するというのが大切です。また、1回の取引に執着せず、全体でプラスマイナスを決めるようにしましょう。

9度の取引でプラスが出ても1度の大きな損失で負けることもあります。FXの口座を初めて開く場合、多少めんどくさく感じることもあります。

必要情報の入力だけならすぐ済みますが、身分を証明するものを送付しなければなりません。ですが、近頃ではオンラインを利用しての送付が可能になり、運転免許証の写真を携帯で撮影して、その画像を送付するだけでいいFX業者もあることでしょう。

最近では、自動売買取引でFX投資する人が増加しているようです。FX投資においては、買った外貨が前触れなしに大幅に安くなると驚いてしまい、上手く損切りを行えないことがあります。
少しでも少ない損失で済ませたいという思慮が損切の機会を捉え損ねさせてしまうのです。



FX投資を選んだ際に忘れずにいて頂きたいのがFXチャートを理解することです。FXチャートの役割は、為替相場の動きをグラフとして書き表したものです。



数値ばかりではよく分かりませんが、分かりやすくするためにグラフ化をします。

効果的にFXチャートを使用しないと利益を追求することが難しいので、読み方を忘れないでください。FX投資で負けがこむと、そんな負けを取り戻そうと躍起になるためにますますお金を減らしてしまう方も多く見受けられるものです。そうなれば、大きな損失になる可能性があるので、FX口座には、必要最低限以上のお金を入れておかないように注意しましょう。



これは、預貯金のお金も口座にまとめてしまうと、気分的に余裕を感じてしまってつぎ込んでしまう可能性は否定できないからなのです。
Copyright (c) 2014 FX28号で専業トレーダーの小池さん All rights reserved.