FX28号で専業トレーダーの小池さん

「FX投資をやってみる前に、所有する通貨数を決め」のページです。

ページの先頭へ戻る

FX投資をやってみる前に、所有する通貨数を決めFX投資をやってみる前に、所有する通貨数を決め

FX投資をやってみる前に、所有する通貨数を決めておくというのも大事です。所有する通貨の量をあらかじめ決めておき、もっと上のポジションは所持することのないようにしてください。こんなふうにすることで、勝った場合でも利益は下がりますが、損失も出にくくなります。



FX投資をして得た利益は課税対象ですから確定申告をしなければなりませんが、年間を通して、利益を出せなかったケースではしなくてもよいです。

でも、FXによる投資を続けるなら、利益が得られなかった場合でも確定申告をしておいた方がいいでしょう。

確定申告をしておいたら、損失を繰越した控除が使えるため、最も長くて3年間、損益を通算できます。

口座を新規で持つだけならFXに明るくなくてもできます。申し込み画面の案内文に従い操作するだけのことなので、パソコン初心者や投資初心者でもスムーズにできます。しかし、簡単さ故に、高いリスクもあります。
誰でもFX口座を開けてしまうので、知識ゼロの状態で取引を開始してしまう人もいるのです。



システムトレードによってFXをする時には、前もって、許容できる損失額の限度と投資用の金額を決定しておくことが、大切です。自動売買取引のためのツールを使うと、起動しておくだけで自動的に取引してくれるものもあるので、そのような道具を使えば、取引に必要な時間を短縮できますし、精神的な緊張を和らげることが可能かもしれません。FX初心者は知識も経験も多くないので、取引で損することが多いです。

FXを始めたばかりの人が勝つためには、いつ損切りするかを決めることが重要です。


また、1回の取引に執着せず、トータルで勝ったか負けたかを捉えるようにしましょう。



9度の取引でプラスが出ても1回の大きなマイナスでトータルの損失を出すこともあります。FXのための口座を開設する際に、手数料を払う必要があるのでしょうか?結論からいうと必要ありません。
基本的にFX口座を開設する場合に一切費用は発生しないので、簡単に申し込みできます。

また、口座の維持費も基本的にかかりません。口座の開設や維持などに費用が必要ないこともあり、少なくない数の人が、複数のFX業者を利用するのでしょう。



外国為替証拠金取引の投資を始める際には、外国為替証拠金取引口座をどこに開設するかで、迷うこともあると思います。
外国為替証拠金取引会社選びは、利益を左右するほど肝心です。


まず、取引に生じる料金が、金額が低ければ低いほど 儲けが増えます。


スプレッドが狭い、取引できる通貨が多い、約定力が高い、取引できる単価が小さい、操作性が優れている等もFX会社を選定する際のポイントとなります。FX用の口座開設は簡単にできますが、トレードで儲けがあるかどうかは別のことになるので、事前に学んでおいた方がいいです。加えて、FX会社によって少し口座開設に関しての条件が違います。その条件をクリアできていないと口座を開設することは不可能なので気をつけてください。FX投資に取り掛かる際に忘れてはならないのがFXチャートの流れを知ることです。
FXチャートとは、為替相場の動きをグラフとしてまとめたものです。



数値を見ただけでは理解しにくいですが、グラフ化することで見やすくなります。FXチャートを上手く使わないと利益を追求することが難しいので、見方をいつでも頭に置いておいてください。FX投資で生まれた利潤には税金が生じるのでしょうか?FX投資によって生じた利益は税制上、「雑所得」に分類されます。一年間の雑所得の合計が20万円以下ならば、税金は必要ありません。けれど、雑所得の合計が、20万円をオーバーする場合には、確定申告をしなくてはなりません。税金を払わずにいると不正経理になってしまいますので、どうぞお気をつけください。
FXの口座を初めて開設する場合、多少めんどくさく感じることもあります。



必要情報の入力だけならすぐ済ましてしまえるのですが、身分を証明するものを送らないといけません。

ですが、近頃ではオンラインを使って、送付できるようになり、運転免許証を携帯で撮影して、その写真を送信するだけでいいFX業者も中にはあるのです。

FX投資で負けがこむと、そんなマイナスをちょっとでも取り返すために余計お金を使ってしまう人も多くおられるものです。そうすると、結局、大きな損失に繋がってしまう可能性もあるので、FX口座に必要以上のお金を入れないように気をつけましょう。それは、口座に余分な預貯金のお金まで入れておくと、気分的に余裕を感じてしまってつぎ込む可能性もあるからなのです。FXの口座開設に関してデメリットになることは無いといえるのでしょうか?口座を開いたところでお金が必要な訳ではありませんし、維持費の心配も不要なので、デメリットは無いとい言っていいでしょう。

ですから、FXに興味をお持ちの人は取引を開始するかどうかは別にして、口座だけ開いてみるのも悪くないかと思います。

FXで失敗しないためには、暴落のリスクをちゃんと考えることが大切です。
暴落は、考えられないような状況でも、とりあえずはそのリスクを検討したトレードをしてください。

FXに必ずという言葉はないので、どんなに可能性の低いことでも考えるようにします。たとえば、ドルの場合は利益が出にくいわけですが、その代わり、リスクも小さなものとなっています。最近では、システムトレードを使ってFX投資する人が多くなっているようです。FX投資においては、買った外貨が急に大きく下落すると驚いてしまい、上手く損切りを行えないことがあります。少しでも損失を小さくして済ませたいという思慮が損切りのタイミングを捉え損ねさせてしまうのです。
Copyright (c) 2014 FX28号で専業トレーダーの小池さん All rights reserved.