FX28号で専業トレーダーの小池さん

「FXの口座を最初に開設する場合、少しめ」のページです。

ページの先頭へ戻る

FXの口座を最初に開設する場合、少しめFXの口座を最初に開設する場合、少しめ

FXの口座を最初に開設する場合、少しめんどくさく感じることもあります。
必要事項を入力するだけならすぐ終えてしまえるのですが、身分証明書を送らなければなりません。
しかし、近頃ではオンラインを使って、送付できるようになり、運転免許証を携帯などで撮って、その写真を送信するだけでいいFXの業者もあるでしょう。FXを始めたばかりの人は知識的にも経験的にも不利なので、予測が外れることが多いです。



FXを始めたばかりの人が負けないためには、いつ損切りするかを決めることが重要です。また、1回の取引に拘らず、トータルでプラスマイナスを決めるようにしましょう。9度の取引で勝っても1度の大きな負けでトータルの損失を出すこともあります。FX投資で出した利益には税金を納める必要があるのでしょうか?FX投資により取得した利益は税制上、「雑所得」の内訳になります。
年間の雑所得の合計金額が20万円より下であれば、税金を支払う必要はありません。

しかし、雑所得の合計が20万円を超過する場合には、確定申告が必要になります。

税金を支払わずにいると所得隠しになってしまいますので、心に留めておいてください。



FX投資により得られた利益は課税対象なので、確定申告が必要ですが、年間を通して、利益を出せなかったならする義務はありません。しかし、FX投資を続けようと考えているなら、利益が出なかったとしても確定申告をした方がいいです。
確定申告をしておけば、損失を繰越した控除が使えるため、最長で3年間、損益を通算することができます。
FX投資で負けが続きだすと、そのマイナスを取り戻すためにどんどんお金を使ってしまうという人も多く見受けられるものです。そうして、大損失を生む可能性さえあるので、FX口座には余計なお金を入金しないよう心がけておきましょう。これは必要以上のお金を口座に入れておくと、まだ余裕があるなと、感じてしまってつぎ込む可能性もあるからなのです。
外国為替証拠金取引の投資を開始する時には、外国為替証拠金取引口座をどこに作るかで、迷ってしまうこともあるかもしれません。外国為替証拠金取引会社を選定するのは、利益を大きな影響を与えるくらい必要です。まず、取引にかかる料金が、安価であれば安価なほど儲けが大きくなると言えます。

スプレッドが狭い、取引できる通貨が多い、約定力もあり、取引できる単位が小さい、操作性がよいなどもFX会社を選定するポイントです。


口座を開くだけならFXの知識が無くてもできます。

申し込み画面の支持の通り操作するという簡単なことなので、パソコン初心者や投資初心者でも心配いりません。
しかし、手軽にできる分、危険も高いです。



どんな人でもFX口座を設けることができてしまうので、全く知識なしに取引を始めてしまう人もいます。



近頃では、システムトレードによって、FX投資する人がたくさんいるようです。外国為替証拠金取引では、買った外貨が急に、大幅に下落すると驚いてしまい、上手く損切りを行えないことがあります。少しでも少ない損失で済ませたいという思慮が損切りする機会を逃させてしまうのです。

システムトレードによってFXをする時には、事前に許すことのできる損失額の限度と投資する金額を定めておくことが大切です。


システムトレードのツールを使った場合、走らせておくだけで自動的に、取引してくれる商品もあるので、そういう道具を使えば、取引にかかる時間を短くできますし、精神的なストレスを減らせる可能性があるかもしれません。投資としてFXを始める場合に忘れてはならないのがFXチャートの流れを知ることです。FXチャートの主な役割は、日々移り変わる為替相場をグラフとして書き表したものです。数値ばかりではよく分かりませんが、グラフ化にすることによってわかりやすくなります。

FXチャートの効果的な使い方を知らないと希望するだけの収益が見込めなくなるので、読み方を忘れないでください。FXで成果を得るためには、暴落のリスクを確実に念頭に置くことが必要です。



暴落はありえないような状況でも、万が一のためにそのリスクを検討したトレードをしてください。FXに必ずという言葉はないので、万が一のことも想定するようにします。たとえば、ドルの場合はリターンは小さくなりがちですが、その代わりリスクも抑えられます。FXの口座を開設する場合に、手数料は必要なのでしょうか?結論からいうと、いりません。

FX口座の開設だけであれば一切費用は発生しないので、手軽に、申し込みが可能です。さらに、口座を維持するための費用も基本的にいりません。口座に関する費用が必要ないこともあり、少なくない数の人が、複数のFX業者を利用するのでしょう。
FXの口座を開設して損するようなことはあるのでしょうか?口座を開いたからといって初期費用がかかることはありませんし、維持費の心配も不要なので、デメリットは無いと考えて大丈夫でしょう。ですから、FXに関心を持っている人は取引するかどうかはひとまずおいて、口座だけ設けてみるのもいいかと思います。



FX用の口座開設は簡単にできますが、トレードで儲かるかどうかは異なった話のことなので、前もって予習しておいた方がいいです。
さらに、FX会社によって少し口座開設についての条件内容が変わります。その条件に当てはまらなければ口座開設は無理なのでご注意ください。

FX投資をやり始める前に、所有する通貨数を決めておくというのも肝要です。所有する通貨の量をあらかじめ決めておき、もっと上のポジションは所有しないようにしてください。
このようにしておくことで、勝ったとしても利益は下がりますが、損失も減ります。
Copyright (c) 2014 FX28号で専業トレーダーの小池さん All rights reserved.